2007年11月13日火曜日

タキー二温泉

ホワイトホースから車で約30分の所に温泉があります。自然源で成分は鉄分とカルシウム、そして硫黄。硫黄は微量のためにおいは殆どありません。現在は冬のスケジュールで金曜から日曜の3日だけ一般に開けています。正午から9時までの営業です。大人$9.50子供やシニアのディスカウントもあります。水温は40度。たとえ外気がマイナス30度でも快適に使っている事ができます。ドライサウナもありますので、髪が濡れてもサウナに5分もいればすぐに乾きます。タイマー式なので、使う前にタイマーが入っているか確認してください。
レストランもありますので、温泉の前後に食事もできます。ビールやワインも売っていますが、酒気をおびた方は温泉には入れませんので要注意。このレストランの名物はブラックフォレストケーキです。何でも新しいオーナが温泉を買うにあたり、契約書の内容にかかれていた項目の一つが、ブラックフォレストケーキのレシピを受け渡す事だったそうです。甘みをおさえたおいしいケーです。ご賞味ください。
ヤムヌスカシージェーリンクでは温泉に浸かりながらオーロラを観賞するツアーがあります。詳しくはお問い合わせください。夜は貸し切りになりますので、一般のお客様にはご利用いただけなくなっています。ご注意ください。

2007年10月30日火曜日

マウントシーマ

ホワイトホースにあるスキー場です。これが意外と知られていないのです。どうせ田舎のファミリーゲレンデ、というイメージなのですが、今年カナダの国体がここで行われました。リフト1本、ロープトウ1本ですが、コースは初級から上級までそろっています。モーグルもあります。また、スキーレンタルも数多くそろっていて、整備されています。
また、スキーロッジも今年できたばかりで、外観もおしゃれです。ホワイトホースにオーロラを見に来るなら、スキーも楽しんでみては如何でしょうか。木曜から日曜までのオープン。天候によってクローズの場合もあるので、出発前に電話で確認する事をお勧めします。またウエブサイトでも確認できます。www.mountsima.com 電話667-7547

2007年10月18日木曜日

ベリンジア博物館

その昔、アジア大陸と北アメリカは陸続きだったと言われています。ベリンジア海峡の水位が下がり陸橋ができ、そこを色んな動物が歩いてアジアからアメリカへと移ってきました。その中でも一番大きかった動物はウーリーマンモスです。当時の動物の化石から型を取り、化石の複製が展示してあります。時間のある方は、当時の様子を映画で説明していますので、ゆっくりご覧ください。冬期は毎週日曜、1時から5時まで開館しています。空港から歩いて約5分。空港まではタクシーまたは市バスで行く事ができます。ヤムヌスカ シージェーリンクの市内観光にはベリンジア博物館が含まれています。

2007年10月7日日曜日

アイスフィッシィング

今日は朝から雪です。今3センチ位の積雪です。一面に白くなるとそろそろ冬の訪れを感じさせます。この時期に降る雪はまだ残らず、11月になると一気に冬に入ります。さて、今回は冬のアクティビティー、アイスフィッシィングを紹介します。まずは氷に穴をあけます。オーガーと呼ばれる、螺旋状に鋭い歯の付いたスティック上のものをぐるぐる回して氷に穴をあけます。手動のものはなかなかまっすぐ行かず、力もかなり必要です。写真のものはモーター式なのであっという間に穴をあける事ができます。また、氷を削るためナイフのように切れの良い歯ですので要注意。穴をあけたら釣り糸を垂らし、後は辛抱です。アイスフィッシィングはその場でじっとしているので、他のアクティビティーに比べると体が冷えます。ホッカイロなどを貼付けてともかく暖かい格好で行く事をお勧めします。待つ事約1時間。坊主だったのですが、この日の午前中に釣れた鱒をガイドさんが用意してくれていて、その場でさばいてガイドさんがムニエルにしてくれました。野外で新鮮なお魚を食べるなんて贅沢な経験でしたが、ガイドさんは零下の中で素手で魚をさばいて料理をしていたので、かなり冷たかったのではないかと思います。以前に先住民の方のアイスフィッシィングに参加した事がありますが、素手で凍った湖の下の水から魚を取り上げていたので、手が冷たくないか聞いたところ、アザラシの脂を手に塗っているので、冷たくないのだそうです。生活の習慣と知恵には驚かされました。

2007年10月5日金曜日

ユーコン自然動物保護地区

ユーコン準州政府が管理、運営する自然動物保護地区。各動物ごとに柵で仕切られていますが、一つの柵が大変広く、動物ができるだけ自然の状態で生活できるようになっています。全土750エーカー、1エーカーは約1200坪です。草食動物が10種類住んでいます。夏は毎日運営。冬は閉めています。冬期はヤムナスカシージェーリンクのオプショナルツアーにご参加ください。個人の車で勝手に敷地内に入る事はできません。動物を見るときの注意点。動物に近づかない。柵の近くに動物がいるときには柵から3m以上は離れる事。動物を脅かす行為や音を立てて動物を動かす事は絶対にしない。餌は決して与えない。三脚を立てて写真を撮らない事。三脚を持っていくときは係員にご相談ください。これは観光以外の目的の写真と見なされ、商業用料金が発生するためです。

2007年9月16日日曜日

クロンダイクケート


ゴールドラッシュ時代に実際に存在した女性から名前をとった、レストランとキャビン式の宿泊施設です。ドーソンシティーにあり、レストランは朝食から夕食まであり、いつも賑わっています。また宿泊施設は冷蔵庫と電子レンジが付いていて、長期滞在には有り難いキャビンです。http://www.klondikekates.ca/

2007年9月12日水曜日

黄葉

ユーコン南部では今黄葉が真っ盛りです。黄色くなっている木はポプラ。黄色と言っても赤に近いオレンジ色からレモン色までありバリエーションがとてもきれいです。ホワイトホースを西に向かってアラスカハイウエイを走っていく部分は私の好きな場所です。

2007年9月5日水曜日

ラズベリー

ユーコンでは今、秋を迎えています。北極圏につながるデムスターハイウエイでは今は紅葉が盛りです。そしてここホワイトホースではそろそろ黄葉がピークを迎えようとしています。秋はベリーの季節です。クランベリーにブルベリー、ユーコンにはベリーの種類がたくさんあります。今日紹介するのはラズベリーです。葉っぱの陰に実ができるので、かがんでみないとちょっと気がつかないベリーです。
ラズベリーは群生して生えます。こんなブッシュがあればそこにはたくさん実がなっていると思います。ベリーは甘い匂いを発するので、熊が近くにいる可能性もあります。ベリーピッキングの際には要注意。

2007年7月28日土曜日

ワイルドストロベリー

6月に白い花を咲かせるワイルドストロベリーがそろそろ実を付け始めました。市販のストロベリーから比べると大きさは約10分の一ですが、甘くてとてもおいしいベリーです。8月に入ると、いろんな植物が実をなし始めます。ワイルドロースもそろそろローズヒップをつけ始めました

6月に撮ったワイルドストロベリーの花

2007年7月27日金曜日

ニットナウ

みかんさんのご質問にお答えします。コミュニティーマーケットで売っているのは普通の毛糸ですが、マスコックス(じゃこう牛)の毛で作ったニット商品を売っているのがこのお店、ニットナウです。3rd アベニューのSteel St. と Wood St. の間に位置しています。

マスコックスという動物からは想像できないほど、柔らかくてとても高品質な毛なんです。使っているのは外観からは見えない内側の産毛の部分です。お値段も結構します。




このお店にあるものでもう一つ珍しいのが犬の毛で作ったニット製品です。メリー アームストロングさんが自分で毛を集めて、紡いで、染色し、編んでいます。メリーさんは世界ウルルン滞在記でも紹介されています。

2007年7月11日水曜日

ウォーターフロントトローリー

ユーコン川沿いに約1km走っています。東の端はロータリーピースパーク、西の端はボストンピザの裏側。片道$2、往復$4。ユーコン川の綺麗な景色を見ながらレトロな気分でトローリーの乗車を楽しめます。途中下車ポイントはカヌーピープルの近く、メインストリート、観光案内所です。

2007年7月3日火曜日

氷原ハイキング

しばらくアラスカに行っていました。今回はジュノーの氷原ハイキングを紹介します。山のプロでなくても安心して参加できるコースです。まずは現地が用意した服に着替えます。自分の持ち物は必要最小限にまとめ、支給されたバックに入れ替えます。用意ができたらヘリにのって氷河の上へ。このヘリに乗っている間の景色のきれいなこと。氷河に着いたらアイゼンを履き、ピッケルを持って出発。クレバスやムーランを近くで見たり、溶け水を飲んだりと普通はできないことばかり。約2時間のコースですが満足度は120%です。

2007年6月15日金曜日

ゴールドパニング

ユーコンは約100年前にゴールドラッシュが起きたことで有名です。当時はお皿で川底をすくい、金の比重を利用して砂と金を分けていきました。ゴールドラッシュの始まったドーソンシティーでは毎年カナダの建国記念日7月1日に砂金探し大会があります。子供部門、初心者部門、ユーコン部門などに分かれ競争します。砂の中に入っている金の数がそれぞれ違います。いち早く正確に金を見つけた人が優勝です。

毎年世界大会が世界各地で行われますが、今年はドーソンシティーで行われます。8月20日からです。
http://www.dawsoncity.ca/home/things-to-do/gold-panning/world-goldpanning-championships-2007

2007年6月14日木曜日

風見鶏

ホワイトホースの風見鶏は鶏ではなく、飛行機なのです。世界で一番大きな風見鶏です。その昔は実際にホワイトホースに乗り入れていた旅客機でDCー3という機種です。長さは約20m、羽の長さは約30mです。1981年に設置されましたが、塗装の状態が悪かったため、1998年から2001年にかけてボランティアの方々によって塗り替えられ2001年9月16日に復活しました。空港に到着すると空港から見れる位置にあります。空港に着いたときと出発するときに向きが変わっているかもしれませんので、注意していてください。

2007年6月12日火曜日

ラブラドールティー

その名の通り、先住民たちの間では長年お茶として飲まれてきました。効果は様々で下痢、頭痛、腹痛、風邪に効くといわれいます。ビタミンCが含まれるとか。葉を数枚、お湯に入れてお茶を作ります。大量に葉を使うと逆効果になるそうなので要注意。日本ではイソツツジで知られます。キャンプ中に覚えておくと便利です。

ブルーベル

アークティックルピナスと同時に咲くのがこのブルーベル。つぼみのときはピンクで花になると青または青紫になります。ハマベンケイの種類です。日本のハマベンケイとは葉っぱの形が少し違いますね。日本では礼文島に咲いているようです。葉を乾燥させてハーブティーにすると、気管支や肺に良いとか。また、葉は怪我をしたときの軟膏になるそうです。

アークティックルピナス

しばらく花の話にお付き合い下さい。今が丁度花が綺麗な盛りです。できるだけ多くの花を紹介したいと思います。今日はアークティックルピナスです。何でもニュージーランドはルピナスが有名で背の高いルピナスが一面に咲くと聞いています。こちらは背丈は低く、色は紫から青のものが主です。トレイルや道路わきに今一面に咲いています。とても綺麗な花で秋になると豆ができます。これは一見すると食べれそうなのですが、毒なので食べないように。動物にはとても強い毒素だそうです。

2007年6月5日火曜日

オイシ寿司

メインストリートと3rd アベニューの角にショッパーズドラッグマートという薬屋があります。その2階にカウンターのみのすし屋があります。殆どはテークアウトのお客様です。韓国人のご夫妻が経営しています。気軽にちょっと食べたいというときにお勧めです。ホワイトホースでおすしが食べれるところがこれで2件になりました。ユーコンは北の果てにあり何も無いところというイメージがあるのですが、ユーコンに住む人々は国際的な人が多く、お寿司大好きという人々にたくさん会いました。ホワイトホースにお越しの際は土産話に立ち寄ってみてください。

2007年5月30日水曜日

ヤコブのハシゴ

ヤコブのハシゴという名前の花です。今の時期から7月にかけて咲き続けます。特に今の時期は地面を薄紫色に変えるくらい一面に咲き乱れます。葉がハシゴソウのようになっていることからハシゴという名前が付いたようです。ヤコブのハシゴには二種類あり地面を這うように咲くものと茎がすっと伸びるものがあります。何でも日本には無い花と聞いています。もし、日本で見かけたら是非教えてください。日本名もあると嬉しいです。

2007年5月24日木曜日

フランティックフォリーズ

5月23日にグランドオープニングショーがありました。これはゴールドラッシュの時代の喜劇です。カンカンダンスや昔のピアノを使い、昔なつかしのショーです。英語なので日本の方には敬遠されがちですが、このショーを楽しむ方法があるのです。実はこの劇はロバート・サービスというゴールドラッシュの時代の詩人の詩の一つをパロディーにしたものなのです。「サム・マギーの火葬」です。簡単に訳すると、寒さの嫌いなサム・マギーが金を求めてユーコンにやってきた。ついに寒さに耐えられず、一緒にいた友人に、自分が死んだら火葬してほしいと言い残して死んでいく。友人はその願いをかなえるために、ラバージュ湖の湖岸で廃墟となった火葬場を見つけ、サム・マギーを焼却炉に入れる。燃え尽くしてしまったころに焼却炉を開けてみると、彼が幸せそうな顔をして座っていた。故郷のテネシー州を発ってから今が一番温かいんだからドアを閉めてほしいと頼む。更に詳しく詩を知りたい方は、ホワイトホースのメインストリートにマックスファイヤーウィードという本屋があります。夏は夜中まで営業しています。フランティックフォリーは2nd アベニューにあるウエストマークホテルで見ることができます。席の番号は無いのでチケットを事前に購入し早めに列に並んでください。

2007年5月17日木曜日

クロンダイク リブ&サーモン BBQ

これはホワイトホースにあるレストランの名前です。2ndとSteel Stの角にあります。クロンダイクはユーコンで起きたゴールドラッシュの名前です。リブはあばらの部分の骨付きの肉、サーモンはおなじみ鮭。夏になるとカナダではあちこちでBBQが始まります。家庭でキャンプでピクニックでと場所も焼くものも様々です。中でも人気があるのは骨付きの肉とサーモン。これを世界中から来るお客様に、カジュアルに出してくれるのがこのお店です。名前の通り外見もゴールドラッシュ風。夜は列ができるくらい人気があります。メニューはバーベキューだけではなく、オヒョウのフィッシュアンドチプス、ハンバーガー等もあります。お食事だけではなく、ユーコン風の内装もこのレストランの特徴です。オーナーのドナさんとトレバーさんは元気はつらつ。ユーコンに来たな〜と感じさせてくれるレストランです。昼食と夕食時にオープンしています。夏だけの営業。予約を入れても待たされることを覚悟でいくことをお勧めします。

2007年5月15日火曜日

ホワイトホース

ホワイトホースにきてから丸9年が過ぎ、今年で10年目に突入です。私の住む町ホワイトホースを紹介します。カナダ北西部に位置し、アラスカに隣接するユーコン準州の州都。人口が約23,000人。ユーコン川が町の中を流れています。ホワイトホースの名前の由来はこのユーコン川にあります。約100年間のゴールドラッシュの時代に金を求めて多くの人々がユーコン川を下っていきました。その旅路の難関の一つがマイルズキャニオンでした。現在はダムができて流れが穏やかですが、当時は多くの人々が命を無くしたほど流れが急でした。白い波が急激に流れる様子が白い馬がたてがみを流して走っているかのようだということでホワイトホースという名前がつきました。ホワイトホースは北緯60度に位置し、バンクーバーからは飛行機で2時間15分かかります。グレハンだと1泊2日。ただホワイトホースに着くのが朝の4時頃なので時間をつぶすのがちょっと大変かも。主な産業は観光と鉱業。物価はバンクーバーとほぼかわらず。お店はほぼそろっていて不自由することはありません。また、レストランやホテルも完備。これは夏にアラスカクルースの方々やヨーロッパ人が多く訪れるためです。夏はなんとドイツからの直行便が飛んでいるほど、ヨーロッパ人には人気のある場所なのです。日本からのお客様も年々増えてきています。これから人気のあるコーヒーショップやホワイトホース市内の見所など少しずつ紹介していきます。

2007年5月9日水曜日

クロッカス

昨日、気候がよかったので、ユーコン川沿いに愛犬サチと散歩に行ってきました。日当りの良い南側を歩いていたので、クロッカスがあちこちに咲いていました。毎年クロッカスを見ると春の訪れを感じます。ユーコン川の雪もほとんどなくなり、間もなくするとカヌーをする人たちで賑わいます。

2007年5月8日火曜日

ユーコンの鳥たち

ユーコン川の氷が溶け始めると鳥が移動して来る。4月にはナキ白鳥がホワイトホースを通過し、白頭鷲が巣に戻り、青いブルーバード、赤いパイングロースビーク等目を楽しませてくれる。グロースビークは針葉樹や果樹の近くに住み、体長約23cm、羽を伸ばすと37cm。鳴き声のきれいな鳥である。