2007年6月14日木曜日

風見鶏

ホワイトホースの風見鶏は鶏ではなく、飛行機なのです。世界で一番大きな風見鶏です。その昔は実際にホワイトホースに乗り入れていた旅客機でDCー3という機種です。長さは約20m、羽の長さは約30mです。1981年に設置されましたが、塗装の状態が悪かったため、1998年から2001年にかけてボランティアの方々によって塗り替えられ2001年9月16日に復活しました。空港に到着すると空港から見れる位置にあります。空港に着いたときと出発するときに向きが変わっているかもしれませんので、注意していてください。

1 件のコメント:

Chikako さんのコメント...

面白いですね。次回ホワイトホースに行った際に是非見てみます!!